レジンで作るオリジナルストラップ

神戸での鳩駆除を終え、豊田市でリフォーム工事した私は今までストラップというと、岡山市で個室のある居酒屋で誰かから岡山でも有名な果物通販店のお土産としてもらったものを使っていました。しかし、松本市の写真館で記念撮影したり、品川区でフェイシャルエステが評判で最近になってアクセサリー加工をはじめとして東京のネイルスクールが評判の自分でハンドメイド作品を作るようになり、 ストラップをオリジナルで作成してみたことがあります。これが思いのほか楽しく、本職は仙台のスポーツジム調査員等、栄のエステサロンで小顔矯正する素人でもプロのような仕上がりに簡単にできることを知りました。

個人的におすすめなのは新潟市のホワイトニングや、レジンを使ったストラップ作りです。100均でも材料はそろうので安価で作れるのもまた魅力です。私はキャン★ドゥでストラップを作るのに必要な材料を全てそろえたこともあります。

レジンとは、紫外線を浴びると固く固まる液体で、100均でも小さなチューブに入って売っています。ストラップ1つを作るのであれば量もそんなに要らないので、1本か2本で十分でしょう。

ストラップの土台となるものは、おしゃれでかわいいものがこれも100均でたくさんそろえてあるので、好みのものを選びます。私は懐中時計をモチーフにしたものを選びました。この他にも、細かいラメや手芸で使えるものをレジンの中に入れるとかわいいと思います。
量産するのであれば紫外線を照射する機械を買った方が良いのですが、太陽光に当てることでレジンは固まるのでオリジナルストラップ1本くらいなら必要ないでしょう。それだけのために何千円も出すのはちょっと高いですからね。

私はペットのハムスターをモチーフとしたストラップを作りたかったので、近所のスーパーの中にある写真現像機で使いたい写真を現像しました。サイズを調整してハサミで切れば、レジンの中に素材として入れることができます。写真1枚は100円もしないのでこれもとても安いです。

こんな感じで簡単に安くオリジナルストラップができるので、アイデア次第で自分の趣味丸出しのものができちゃいます。動画サイトでもレジンを使ったコツやこれはすごいと思えるアイデアがたくさん投稿されているので、真似をしながら好きなものを好きなように作ってみるのも面白いでしょう。

PR|会社経営に必要な知恵袋|健康マニアによる無病ライフ|AGAお悩み相談.com|工務店向け集客ノウハウ|マッサージのリアル口コミ.com|お家の見直ししま専科|美容と健康女性ランキング|マーケティング経営研究.net|新築一戸建てを建てる時に読むサイト|注文住宅のための用語集|